スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ホームページ

2017.03.20.Mon.15:33
携帯画面でも見やすいように 新しいページをこちらに作成中です。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

新年の挨拶

2017.01.17.Tue.17:57
あけましておめでとうございます。

新年早々
ノーマルディメンションを崩さずに
カッコいいバイクができないかと
悩む毎日です。


同じ車種でも フェンダーひとつ 微妙な曲がりの違い(例えば純正品と社外品)で
雰囲気が変わってしまいます。
カッコいいのか 悪いのかは 別として
何か違うものになっている。

何か違うなー
の何かがわかるまで いろいろ試すのですが
それに費やした時間は 自分の財産になって蓄積されていると思うんです。

その蓄積が 次作る時に生かされて
いつか 簡単に カッコいいモノが作れる日が来るんだろうなぁ と
店を始めた頃は 思っていました。


がっ
そんな日が来る 気配は全くありません!!

なんか どんどん難しくなっているような気がします。
知れば知るほど気になることが増えている気がします。


いつまでたっても楽になる気がしないのですが
お客様が今のバディのやり方で お任せしてくださるので
今のまま頑張ろうと思います。

どんどん増える修理から得た 気にすべき箇所が
お客様の役にたてば嬉しいです。


本年もバディカスタムサイクルズをよろしくお願いいたします。

ホイールサイズに迷う今日この頃です。
ダートトラック好きの僕としては
前後19インチは定番でカッコいいと思うのですが
次は
インチダウンしたコンパクトなスポーツ 作ろうかなぁと考えています。

2016122DSC_8621kai.jpg



20161222DSC_8230kai.jpg



20161222DSC_1535kai.jpg



20161222DSC_1207kai.jpg








BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
ブログ http://buddycustomcycles.blog52.fc2.com/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp

LINDSAY バディ・スペシャル・ジャケット

2016.06.13.Mon.18:31
ダートトラックの世界では知らぬものはいない
世界一 アメリカンダートトラックライダーを見ている 知っている人物
カメラマン 中尾省吾テッペイ様から
サンプルと称して
SPジャケット作って頂きました。


2016DSC_0042kai (1)


なんとも言えない
ハーレーワークスの匂いが漂っております。
はっきり言ってカッコいいです。

「 LINDSAY 」と書いて 「 リンズィー 」と読むらしいです。
テッペイさんの立ち上げた ブランドです。


現役トップダートライダー Brian Smith
その妹 Lindsay Murphy
いままで出会った人間の中で一番いい人
( どういう意味のいい人かはわからないのですが )
彼女の人柄に惚れた テッペイさんは
自分のブランドに 彼女の名前を使わせてもらうことにしたそうです。


文字やデザインも要相談で対応可能です。
テッペイさんのフェイスブックには ホンダワークスジャケットも
出てました。

このSPジャケットを作るとしたら 15万円くらい+消費税との事です。

質感確認したい方は 当店で見られますよ。

2016DSC_0042kai (2)



BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp:http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp

年末年始営業日のお知らせ

2015.12.20.Sun.18:26
年末年始は
12月30日~1月6日まで休業いたします。

12月29日は大掃除となり 通常業務はいたしません。
修理等は28日までにご連絡ください。

年始は7日より営業となります。


本年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
また、来年もなにとぞ変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。


monokuro2015.jpg


BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp:http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp

1959年式 FLH/DUO GLIDE

2015.02.09.Mon.18:16
buddypan001.jpg

1959年式 FLH/DUO GLIDE

当店で本国より仕入れた車両です。

仕入れの際には
簡単な説明文とあと写真が数点。
この状態でバイクを判断しなければなりません。

仕入れた車両はエンジンを開けるが大前提。
今まで誰がどのようにいじったのか 開けないことにはわかりません。


わからないのですが
ある程度は写真で判断ができます。

例えば あるべきところにあるべきパーツがついていて それらが
最初からついているボルトで止まっている。

簡単にいってしまえば 純正度の高い雰囲気は 作ろうと思ってもむずかしい。
なにか不自然さを感じるときは何かが違うのです。
常にバイクをいじるときは雰囲気をを崩さないように気を配っているので
そちらへのセンサーが敏感になっているのかもしれません。

この車両には本物が持つ雰囲気を感じました。

それでも
エンジンを開けるまではわかりませんので
不安と期待でドキドキして待っています。



純正度の高い車両がなぜ良いのか?
極端な言い方をするならば
へんな事がされていない可能性が高いからです。

へんな事とは カスタムです。

修理ではなくカスタムが施されている場合 それは純正状態から離れていることになります。
ただパーツの変更だけなら戻せる可能性はありますが
構造すら変更されていたのでは 元に戻す事は難しくなります。

一度もエンジンを開けられていない 誰の手も入っていない状態であれば
最初の状態に戻せる可能性が高い。
たとえ走行距離のいった車両であっても、手つかずか または 適正な修理にとどまっていたならば
調子の良い状態に戻すことは難しくありません。

オカワリの効く部品ならよいのですが 古いほど純正パーツは手に入らないので貴重です。

同じ機能を持った社外のパーツもあるので調子は取り戻せますが
雰囲気は違ってしまうのです。



車両が届くと思ったとおりに良い雰囲気。
パーツばかりかボルトに至るまで高い純正度。これが効いてきます。
なによりおかしなことをしていない可能性大の証拠です。



まずシリンダーヘッドを外して燃焼室の状態を見ます。

シリンダーの磨耗具合 バルブからのオイル漏れ等ないか確認できます。
プラグホールからでも多少は情報は得られますが、開けたほうが隅々まで見ることができます。


シリンダーの状態から見ておそらくメーター読み通りだと思われる低走行状態(メーター読みで約1258.0マイル)。ピストンも純正スタンダードサイズ。このスタンダードサイズというのが重要で、あと8回か9回はボーリングできます。数十年この仕事をしていますがこのあたりの年式だと、スタンダードサイズは一度か二度位しか遭遇したことありません。
これからまだまだ永く楽しめます。

シリンダーを外し、クランクのがたつきを確認し許容内ではあったのですが ケースを割ります。
現代の技術と丁寧に組み上げる事で、当時の許容よりもより精度を上げることができます。
フライホイールを組みなおして芯だしの精度を上げ、クランクベアリング類をオーバーサイズの物に換えました。
きれいに回ることが 各部へのストレスを少なくし 結果として気持ちよく長持ちするエンジンに仕上がると考えます。

シリンダーヘッドOH。バルブ、バルブガイド、バルブシートを交換し、ガイドシールをつけてあります。
ミッションOH。

当初から各部フルオーバーホールの予定でしたが、ここまで内部まで状態が良いと 所有する満足度も高いと思います。


buddypan003.jpg



buddypan002.jpg



buddypan006.jpg




BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp:http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。