スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月2日

2013.11.02.Sat.17:22
R0040178kai.jpg
ナックルやパンなどの古いケースを組む際
左右違う物などが組み合わさってるケースがよくあります。
そういうモノの場合 良くあるのが 右と左のシリンダーデッキの高さ違い。
エンジンマウント部の左右の高さ違い。
よく多いというか 仕方ないというか
なので OHの際
クランクシャフトのラッピングをしながら
定盤の上でエンジンを逆さまにして シリンダーデッキ面から
クランクシャフトラッピングアーバーの芯で
ケースの右と左の高さを測ってみたりします。

R0044189kai.jpg



すると たまに 右と左が高さが合わないものがあります。
そういう場合は 内燃機屋さんに
クランクケースの芯から追ってもらい 前後左右のデッキの高さ
エンジンマウント並行さ その辺をチェックしてもらい
面出しをしてもらいます。

そうすると
寿命の長くなるエンジンが出来るのではないかと思います。


R0044175kai.jpg
仕上ってきたケース


R0044179kai.jpg



R0044181kai.jpg





BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp:http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。