スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラットトラックレース FEVHOTS

2016.05.16.Mon.15:48

5月2日フラットトラックレースに参加してきました。
FEVHOTS

場所は長野県上伊那郡中川村オートパーククワというところで
田舎町の外れにある川の辺のコースです。

このコースは残念ながら今年の8月で閉鎖になってしまいます。
私はここのコースが好きで参戦できる範囲で通っておりましたが
無くなってしまうということで
それならば 10年前に作ったWLエンジンのフラットトラックレーサーで
走ろうと思い 昨年末よりコツコツと仕上げてなんとか初戦に間に合いました。


26767252632_3dc28c4a72_z.jpg



26865316355_af89c57cb0_z.jpg



26259742484_25f4f28134_z.jpg


今年のFEVHOTS
フレーマーがたくさん出ております。

フレーマーと言うのは 各メーカーのエンジンをフラットトラック専用シャシーに載っけた
フラットトラックマシンの事を言います。

アメリカフラットトラックレースではワークスからプライベーターまで各々好みのエンジンとフレームを合わせた
多種多様な組み合わせのマシンがあります。
フレームメーカーには「C&J」とか「ナイト」とか「チャンピオン」とか「トラックマスター」とか
いろいろなメーカーが昔から存在しており
各メーカー 個性があるフレームを送り出しております。

日本では「無限ホンダ」「プロショップシミズ」が有名です。
清水さんの所では数々のフラットトラックレーサーを送り出しております。

そして 私も 10年前にハーレーのWLをサスペンション付のフラットトラックレーサーで乗ってみたく
製作してみました。
それがこれです。


26260749643_cde7776f8c_z.jpg


シャシーはクロモリパイプと呼ばれる鉄でアメリカのC&Jの真似をして作りました。
徹底的に軽量化し 装備重量は138kgとなりました。
ハーレーとしては軽い方だと思います。
しかしこのエンジン 750ccあるのですが
70年くらい前のエンジンで サイドバルブという構造の大昔のエンジンなのです。

大昔にはこのエンジンと似た 中身はまったく別物のWRという ハーレーレーサーが存在しました。

私はこのサイドバルブの750ccのエンジンが好きで
パワーはないのだけれども ほのぼのとしたフィーリングに惚れ
長年乗ってます。
しかし15年程前に アメリカでヴィンテージレースを観て衝撃を受けました。
自分と同じ車種のサイドバルブが 信じられないスピードでフラットトラックコースを
走り回っていたのです。

とても自分のバイク 同じサイドバルブとは思えないパワフルさで
信じられませんでした。
そしてこのエンジンの懐の深さを知り
いろいろと追求が始まってしまいました。

話せば長くなるのでこの辺にしておきますが
単純に好きになったフラットトラックレースに
好きなエンジンを載せたサスペンション付バイクに
乗って参加したかっただけなのですが........

その結果がこれです。



26259537804_ff415d9b04_z.jpg

ホンダのRS600という レース専用エンジンをナイト製フレームに載せた RS600Dというマシン。
なかなか こんなマシンにはお目にかかれないです。


26259503064_9fa59c2a58_z.jpg

ホンダCRF450 というモトクロッサーベースのフラットトラック仕様
前後サスペンションをフラットトラックに適したストローク長に変更し仕上げたマシン。
前後19インチが基本です。このバランスがかっこいいです。

いわゆるDTXと 言うみたいです。
ダートトラックと モトクロスをかけているのかなぁ

26259526774_e842ee1eb7_z.jpg

ホンダCRF450のエンジンをアメリカのC&Jというシャシーに積んだフレーマー
これもまた かっこいいです。
フラットトラックシャシーは 1インチ径パイプをメインに各所に使用する為
とても繊細で太いタイヤと相まって なんとも言えない独特のスタイルです。

26259529304_8068d05a6e_z.jpg

ホンダXR100
前後17インチのフラットトラックタイヤを組み込んだ フラットトラックマシン
ノーマルは フロント19の リア16です。
この車種は アメリカでも日本でも フラットトラックの基本的ライディングを練習するには
最適なマシンです。
日本のフラットトラックライダーはだいたいの人が1台持っています。

26592274180_963eb8ea63_z.jpg

ホンダFTR250エンジンを ホットドック製シャシーに積んだフラットトラックマシン
河北さんが作ったのかなぁ
このマシンは乗らせてもらいました。
スイングアームがアルミなのですが 先入観とは裏腹に
とても乗りやすいフラットトラックレーサーでした。


26771544382_b4c2975a16_z.jpg

ホンダFTR223 
これはれっきとしたホンダ製です。
前後19インチに換装してあります。ノーマルは前後18インチ。
フラットトラックタイヤ グッドイヤーDT3がついています。
僕たちの世代は フラットトラックタイヤと言えば グッドイヤーです。
いろいろなフラットトラック用タイヤがありますが
やはりこのタイヤが 基本ですよね。


26865120895_2057c17603_z.jpg

無限ホンダ製シャシー ホンダXR600のエンジンを載せたマシン
90年代後半に 無限でフラットトラック専用マシンを10台ぐらい製作したときがありました。
そのときはXR250のエンジンが載っていたのですが、そのシャシーにプロショップシミズで
XR600のエンジンを搭載したマシン。

26260707773_f3e8082582_z.jpg

無限ホンダ MFT250
フラットトラックでスポーツする為に生まれた 生粋のレーサーです。




ざっと説明してみましたが
このほかにもいろんなマシンがフラットトラック楽しんでおります。

ものすごい少数派なフラットトラックレースですが
こんなに楽しい乗り方があるのか?と思うぐらい
ハマっております。

ほかのレースには興味が無くなってしまうぐらい....


まだ8月まで何戦かあるので
少しでも興味ある方は 観るだけでもいいので
一緒に行きませんか?



BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp:http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。